あったかい気持ち

日曜日はカフェ紅5周年記念パーティーでした。


小伝馬町にカフェをオープンして丸5年がたちました。
みなさまの愛に支えられて、この日を迎えることができました。


ありがとうございました。


カフェ紅は5年前の8月23日の月曜日にカフェメニューだけから始まり、
9月2日からランチメニューを始めました。
これまでの紅をご存知の方たちとこの記念すべき日を迎えたいと、
ささやかなパーティーを企画しました。


大好きな人たちと大好きなアーティストさんの音楽を聴きたいと思い
カフェ紅のライブは今や伝説(?)いまは活動休止中で、
今回一日限りの復活ライブとなる沖縄音楽のバンド「三線隊」
夫婦そろって大好きな、癒しの唄い人「ううじん」さんの
2組のライブをお願いしました。


三線隊はひでみさん、りえさん夫妻に12月にベビーが生まれて
活動休止中にもかかわらず、5人のスケジュールを調整しては、
練習をかさねてくださって、とっても素敵な演奏を披露してくれました。
演目も考えてくださったのかな?わたしの大好きな曲ばかりでした。


今回初参加のあきこさんがキーボードで弾く島唄の前奏で始まり、
りえさんの三線が響いて会場がしーんとなったところで
ジャーンと「安里屋ゆんた」がはじまりお客様をぐっと引きつけたのでした。
私はというと、正直、お客様のほうが気になって、ちゃんと聴けたのは
最後の「カノホナピリカイ」ぐらいだったのですが、
この曲はリハーサルの時点でも聴いていて、あまりの素晴らしさに
鳥肌が立ったのでした。


三線隊の弾く賑やかな音楽のときには、庭で鳥がいっしょに歌っていました。
二階の控室にて練習中にはマヤーがあいの手を入れていたそうです(笑)。
動物の本能をくすぐる音楽なのかしら?


ううじんさんのライブは、いつもほんわか~とするのですが、とくに今回は、
心地よいあったか~い空気の中でのライブでした。
みんながううじんさんのお人柄と音楽を大好きになったと言っていました。
私の大好きな人たちが私の大好きなううじんさんを好きになってくれて、
みんながううじんさんの音楽でHAPPYになれてすごくうれしかったです。


ううじんさんのレパートリーに「アマポーラ」があるのですが、
わたしは、このううじんさんが歌うアマポーラが大好きなんです。
その歌詞を変えて「カフェモ~ミ~」って歌ってくれて、びっくりしました。
さいごにはそこにいた人たち全員で
「カフェモ~ミ~、カフェモ~ミ~5周年オメデ~トウ~」
って合唱してくれて、ほんとにほんとに嬉しかった。
その場でも涙がじわ~ってでたけど、いまこの文を書いていてもあの感動を
思い出しては涙がでてきます。



お花もいっぱい頂いて、毎日眺めては、くださった方のことを考えています。
前のブログに書きましたが、贈り物にはそのひとの想いが込められているって思うので、
それを大事にしたいと、一つひとつを写真にとっておきました。
c0143073_2320568.jpg



もう夢のようなふわふわした感覚であったかい気持ちのまま、特別な一日が
終わったのでした。


そして昨日から新たな気持ちでカフェ紅をオープンしています。


ご存知の方もいるかと思いますが、スイーツメニューが変わりました。
パティシエの美智子さんが入って、おいしいスイーツを毎日ご用意しています。
c0143073_23195316.jpg

c0143073_23202327.jpg

紅は変化しつつも変わらない癒しの空間であり続けたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by cafemomi-blog | 2009-08-26 23:36 | momiの深呼吸